wimaxでも機種変更はできるのか?

携帯電話やスマートフォンは、手軽に機種変更が行えますが、wimaxではどうでしょうか。

現在、ルーターの機種変更を受け付けているのは、UQコミュニケーションズのみです。

しかも、利用する場合、UQ Flat年間パスポートへの加入が必要になります。

UQ Flat年間パスポートとは、月額3,880円の定額料金プランです。

UQコミュニケーションズに加入して、wimaxを既に利用しているというユーザーには、お得かもしれません。

しかし、他のMVNO回線業者の方が、定額料金プランは安いのが現状です。

しかも、機種変更は常に行えるわけではなく、あくまでキャンペーン期間のみの実施となっています。

つまり、キャンペーン期間が終わってしまったら、次はいつ実施されるかわからないというわけです。

これらを考えると、定額料金プランの安いMVNO回線業者の方がお得と言えるでしょう。

定額料金プランの安いMVNO回線業者として知られているのが、@nifty、BIGLOBE、So-netです。

@niftyは3,853円、BIGLOBEは3,801円、So-netは3,590円が最安値です。

しかも、これらのMVNO回線業者では0円もしくは1円でルーターが選び放題となっています。

その為、機種変更を行わずとも、最新のルーターをお得に購入できる事ができます。

このように、加入時に最新のルーターを選んでおけば、機種変更を行う必要がないと言えるでしょう。

@nifty、BIGLOBE、So-netのいずれのMVNO回線業者でも、選ぶ事ができるルーターはほとんど同じです。

中には、独自のカラーやデザインのルーターを提供しているケースもありますが、性能に変わりはありません。

ただ、@niftyは唯一異なる接続機器を提供しています。

それは、USB型接続データカードです。

USB型接続データカードは、パソコンのUSBに接続し、簡単な設定を行うだけでwimaxが使用可能になります。

その為、パソコンでのwimaxの利用を考えているユーザーには、大変便利と言えるでしょう。

しかし、BiGLOBEやSo-netではUSB型接続データカードは提供されていません。

そこで、wimaxの利用はパソコンがメインで考えているというユーザーには、@niftyでの契約をオススメします。

今なら、Flat年間パスポートへの加入により、1円で購入できるので、大変お得に始める事ができます。